11月は、肥満遺伝子が増える?!

11月は、肥満遺伝子が増える?!

すっかり日も短くなり、朝晩はグッと冷え込むようになってきました。
日照時間が短くなると、体内の「BMAL1
~ビーマルワン」という肥満遺伝子が増え、ビタミンDが減少しやすくなるので、脂肪を溜めこもうとします。
この時期は、乾燥して口も乾きやすくなると、ついつい味の濃い物を欲するので、食事の味付けは薄味で、添加物などはなるべく避けたいですね。

『肺』も弱くなる季節です。
鼻水、喉の違和感も感じやすくなるので、
肺を潤すと言われている白い食べ物、
大根、白菜、レンコン、山芋、カブ、梨、豆腐、白キクラゲ、白ゴマ、長ネギなどを積極的に摂ってくださいね!

特に梨は、肺を潤し、咳止め効果もあるとされています♪
長ネギは、鼻の粘膜の炎症も鎮めてくれるそう。
お鍋も美味しい季節ですので、たっぷりと白いお野菜で温まってくださいね。
あっお肉は、馬肉がおすすめだそうです!
糖質の代謝を促進して、肥満防止やダイエットに繋がるビタミンB1を含んでいます。

身体の中からじんわり温め、体内を潤す『よもぎ温補セラピー』は是非ご体験ください。【30分 3000円~】



硬く強ばった肩や背中をじっくりゆっくり温めほぐすことで、ふわふわとしたお身体に、、(≧∀≦)
「補法」により気血水の巡りも良くなり、元気も湧いてきます♪
お試しくださいね(*^^*)

本日5日木曜日は、10時~と14時~がご予約お受けできます(^-^)
お気軽にお問い合わせくださいね!

#肥満遺伝子
#肺養生
#カラダ温め
#潤い
#よもぎ温補セラピー
#経絡かっさ
#日本経絡かっさ促進会認定講師
#心も身体も健康に
?Gg[???ubN}[N??